お知らせ

HOME

HOME

お知らせ

お知らせ(詳細)

2020.07.27

Kサポートのブログ

中小清掃会社2代目の変化の実録①

清掃会社と聞いてポジティブなイメージを持てますか

当時の会社を引き継ぐ予定だった私は
清掃業の未来がポジティブに見えなかったため
今後の経営に悩んでいました。


しかし、そんな私も現在では
多角化経営を展開し、グループ会社に
コンサルティング会社 Kサポートを2019年設立

そして今年12月にリリース予定の新規事業を準備中と
経営を大いに楽しませてもらっています。

基盤となる清掃業においても
従業員の休業手当1000万円を支出しつつ
雇用調整助成金にてしっかりと回収
従業員満足を向上させています。
(11月に受注物件も予定)

マジックのような前後の話ですが
4年間努力によって成し遂げられただけで
私にできたので、皆さんにも可能なことです。

しかし、大事な観点としては考え方の変化が必要です。
加藤忠昭の実録でその観点に気付いてもらえたらと
過去の文面から引っ張ってきましたので
よろしければ一読ください。


腹をさらけ出して経営の相談できる人が必要


私は父から代表を受け継ぎ
温浴施設の毎日開店前清掃を中心に
清掃委託を受け、施設の美観の維持管理
をする会社の社長となりました。

当時
温浴施設施設の毎日開店前清掃を維持するにあたって
今現在においても課題となる
人材募集の方法に関して様々模索している中で
パート募集を自社サイトで立ち上げよう考えました。
 

知り合いに聞くと最低30万以上はかかると聞いたので
クラウドワークスで安く済ませようと考えたり
色んな方法を調べましたが

調べていく中で
サイトをつくっても
どれだけ見てもらえるかの
集客が大事だという点にいたり

 
集客というキーワードで
友人の友人であった
栃本常義さん(結果コンサルをおねがいすることなる)と
会うこととなりました。

 
会うことで営業を警戒する気持ちは沸きましたが
ネットでの表面的ではない深い情報も得られますし
これ以上調べても、というところまで行きつき
時間という大事な物をロスしたくなかった
その気持ちが上回っていました。
 

そして実際に会って
自社サイトについての相談を話したら
結果は「短期的に集客をあげることは難しい」
とバッサリ切られました。

 
サイトを作らないのでまたの機会にでも・・・
となると思ったら
栃本さんが提案したいであろうコンサルの話になりました。


この時、私は意外にも
「そっち目的かよーーー」
と思いませんでした。


振り返ってみれば、術中にはまったのかもしれませんが
潜在的にもっていた
今後の会社の売り上げUP、従業員満足向上を
誰かに相談したかったからです。


相談する相手はこのご時世
やはりコンサルタント

私が決めたコンサルタントを決めた観点を紹介しておきます。

・同業実績
ハウスクリーニング会社を
コンサルした際の実績を聞いたこと

・コンサルのスタイル
栃本さんのコンサルはマーケティングでした。

マーケティングとは(ダン・ケネディ引用)
自然と売れる仕組みをつくること

それが(当時)特定の営業マンをおかない
自分の会社にドンピシャでした。


※一応、コンサル契約に関しても別の信頼できる人に相談しました。
そのときは成果報酬でやってみたら といったアドバイスをもらいました。
成果報酬の形での契約はできなかったので
契約しない方がいいとは言われなかった点を
アドバイスとして受け止めました。


結果 栃本さんとコンサル契約したのですが
会ってから半年以上は決断できませんでした。
まあ年間約200万の契約ですからね。

それを考えるKサポートは本当にお得だなーーー
しかし、今現在は代表高岡がおなか一杯なので
よほどの条件が揃わない限り受けないと思います。


それでも決断した理由は

半年の間に自分なりの答えが出せなかったからです。

結局、打開策が見いだせませんでした。
で、それを結果論として振り返ると


「気づきを得るまでの時間を対価を払って短縮する」

となります。
よほどの薄利多売の経営でない限りは
直観的にこの人だと思う方への投資はやってみることを
お勧めします。
コンサルティングの形でないにしても


気付きを与えてもらえるものへの投資をやってみる


私の実録からまず第1の変化すべき観点について書かせていただきました。

一覧に戻る

© 2020 株式会社環境システム社